Thoughts

好きな物だけと生きる

先日、頂き物のハンドクリームを消費する為に 脚へ塗り込んでいました。 せっかくの頂き物でしたが 香りが好みでなく 捨てるのも罪悪感が有り 脚へ使おうと思ったからです。 しかしその苦手な香りは 脚に塗っても立ち込めて来て 「どうして好みでない物や苦手な事を 自分に強いるのだろうか?」と ハッとしました。 子供の頃は 好き嫌いをはっきりと表現し 感情で生きていたと言えますが 躾や社会に適合する為に 自分の考えや気持ちを殺して 生きてしまうようになりました。 そのうち何が好きか嫌いかも 即決できない程 感覚が鈍ってきてしまいました。 ある本の紹介を読んでいて 知ったのですが 脳が身体へ出す化学物質は 感情によって変化するそうです。 良い気分でいると その化学物質も身体に良いものになります。 反対にストレスにまみれていると その物質は身体に害のあるものになります。 実際に経験したのですが 過去にとても嫌な気分で生活をしていた時に 健診で異常が現れました。 正常な細...
High heels

モナコ在住25年、日本人マダムから学んだこと

モナコ在住でプロトコルスクールを 経営されていらっしゃる 畑中由利江さんのお名前は ずっと前から存じ上げていたのですが 偶然彼女のブログを拝見すると 翌日に私の自宅からそう遠くないところに トークショーをしにいらしゃるということで 早速行って来ました。 モナコという特殊な国で 長期に住むだけではなく モナコ社交界で名士になる程 真にその地に根をしっかりと下ろされた 類い稀な日本人女性の 畑中さんに学ぶことは短時間でも 充分に有ると確信して参加しました。 ご本人にブログ掲載の許可を頂きましたので ご紹介したいと思います。 エレガントに登場されてまず気付いたのが インターナショナルな美に欠かせない ヘルシーなブロンズスキンと 姿勢の良い方特有の 美しいショルダーライン そしてエレガンスに欠かせない お辞儀や会話の始め、途中での 上手な間の取り方です。 お話はモナコの薔薇の舞踏会が中心でしたが モナコの女性の美に対する ストイックな意識もご紹介い...
MakeUp

メイクレッスン before&after1

先日「アイメイク+アイブロウメイク 60分コース」を 受講してくださったクライアント様より 許可を頂きましたので お写真を ご紹介させていただきます。 普段のご自身のメイクより 少し太めのアイブロウをご提案し アイメイクは 簡易カラー診断でオータムカラーだと分かりましたので お手持ちのダークパープルのアイシャドウを アクセントカラーに使って メイクをしていただきました。 オータムカラーは 黄味の掛かった濃い目の色で (一番下の写真の色見本をご参照くださいませ。) お似合いになる方はハッキリとしたお顔立ちの方が 多いように思います。 こちらのクライアント様もオリビア・パレルモさんも ハッキリとした美しいお顔立ちです。 クライアント様は海外へお仕事で行かれることが多く 海外でも通用するメイクをご希望されていました。 目力が出て、より一層華やかになられました。 photo credit from this ご興味のおあり...
Thoughts

妥協を無くす

先週参加した モナコ在住の畑中由利江さんのトークショーに 来られていた 3名の方々を知ることが出来ました。 彼女達は不思議なオーラを纏い ふんわりとしながらも 好きな時にモナコへ遊びに行く事を 生活の中心にしている方々でした。 好きでない仕事の為に 毎日通勤電車に揺られて 夜には疲れ切って帰宅する人々と ふんわり生きて好きな事だけして 生きている人々の大きな違いは 何だろうかと思い 彼女達のブログを拝見してみると 共通して書いてあったのが 「妥協を日々の生活から消していく」 「日頃と違う事を意識して行う」 という心掛けでした。 特に仕事に関しては 「好きで無いことは仕事にしてはいけない」 と強調されていました。 仕事が好きになれないから辞めるのは 大多数の人は尻込みをしてしまいます。 収入が無くなったらどうしよう と思うのは当然の事です。 ですが彼女達は 質の高い時間に優先順位を置き 自分の収入はけして無くならないという 強い確信が有るようです。 彼女達のお一人は 経済的に非常に苦しいところから 今のお仕事を開始されたのですが 好き...
Thoughts

エネルギーが変わると現実が変わる

Asami-Parisでのレッスンを受けて ウォーキングだけでなく思考まで 美意識の大改革を行うことに繋がり 外見も内面も大きく変わったと 感じています。 歩く時の芯だけでなく マインドの芯まで不安定な私でしたが 一つ一つの動作や感情が 美しいか確認しながら生きていくことで 自己肯定が出来てきたことは 大きな成果だと思っています。 自己肯定がなぜ大切かですが これが無くては 本来の自分を無視して生きてしまうからです。 本来の自分を大切にして生きると エネルギーが良い方に変わります。 コーチング等を講師としてされている方に 寄せられる質問で 「私は何をしたら良いのかわからない。」 というものが大人の女性からも 沢山あるらしいのですが 私もそんな一人でした。 しかし何が自分に向いているのかが エネルギーが高まると はっきりと快・不快が分かってくるので おぼろげに自分の進むべき方向が見つかってきました。 ...
Recommended Items/things

天使の歌声

師匠のAsami先生のParisのサロンで 初めて聴いた美しい天使の様な歌声 それはサウスロンドンを拠点とする 少年合唱団Liberaでした。 通勤の電車の中で急に聴きたくなり 聴くと前にも増して 美しい歌声が心に染み渡り 思わず涙が出てしまいそうになりました。 心が清められる様な そんな今迄にない感情でした。 電車を降り バス停で待っている間に 彼らのコンサート情報を 即座に調べてみました。 この夏、イギリスの自宅へ帰るので イギリスの何処かで 彼らのコンサートに行けるかもしれない。 意外な事にイギリス国内での コンサートスケジュールは 見つけられず 私の職場近くに彼らが 秋にコンサートに来る予定が 書かれていたのです。 さらに驚いたのが そのチケットは売り出されて そんなに日が経っていませんでした。 偶然といえばそれまでなのですが 何となく 来るように呼ばれている様な気がして その場でチケットを購入しました。 ...
MakeUp

なぜskypeでメイクレッスンができるのか

Skypeでメイクアップレッスンと聞けば そんなの実行可能なのかしら? と思われる方がいらっしゃると思います。 画面越しだと私が直にクライアント様に触れて メイクを直すことは不可能ですし 光や画面の状況では 直に見る色味とは少々差異が出てしまいます。 特にメイクの印象に大きく影響を与えるアイブロウですが 必要であれば私が修正を加えて クライアント様の本来の美しさを一番引き出したい箇所です。 もしクライアント様がアイブロウを描くのが苦手であれば 「あともう少しこちらを足してください。」と講師から何度も言われると 混乱してしまうかもしれません。 そこで私が考えたのは 敢えてオーバーライン気味にパウダーアイブロウで 描いていただいて 後でコンシーラーで理想のアンダーラインを描いて 不要なアイブロウを消すという手法です。 また、色味が正確に見れない可能性に対する対策ですが 事前カウンセリングとして 簡易カラー診断をクライアント様へお願いしています。 それを元にお使いになるコスメ選びを行います...
Thoughts

プロフェッショナルである為に心掛けていること

プロフェッショナルであるという事は 何方かに満足して頂けるよう 自分の専門分野で 働けるということだと解釈しています。 人は全ての分野に精通して生きるのが ほぼ不可能です。 ですからある程度のレベルの成果を期待して プロフェッショナルに依頼をします。 この成果をどれだけ高めて クライアントに満足していただけるのかが プロフェッショナルにとって1番大切です。 その為に今、私ができることは 常にスキルが落ちないように 見直し作業を怠らない 新しい事に取り組み ベストな提案ができるよう メニューを開発すること そして頂いた対価以上の 満足度の提供をしているか 厳しく自分に問うこと この3つです。 どの分野でもこれらは欠かせないと思います。 若い頃は考えたことが ありませんでしたが この世に生きていると 社会貢献が必要です。 例え自分が偉大な成功者でなくても 何か些細なことでも 誰かの為になることを意識する事が大切です。 プ...
Thoughts

身軽に生きる為に

また私の苦手なパッキングをする機会が やって来ました。 明日から夫のイギリスの自宅に帰省をします。 予めエクセルで作ってある 定番の持ち物リストに 必要な物を追加して詰め込むのですが それでも30分で終わった事が有りません。 今回はロンドンまで遊びに行くので 電車のプリペイドカードを探していたら 暫く出て来ませんでした。 カードは専用のケースに まとめて入れているのですが そこに入れていなかったのです。 決めた場所に戻さなかった 自分の甘さを恨みました。 探し物をしていて思い知らされたのが 物が多過ぎて 探すのに時間が掛かるということです。 後でパソコンに入力しようと 貯めたメモが引き出しに ある程度溜まっているのも気になりました。 「後で」がいつなのか 明確にしておく必要が有ります。 帰国したら徹底的に 捨てれる物や後回しにしているものを 片付けようと決意しました。 夏のパッキングでは 服がコンパクトにスーツケースに 収まるのが救い...
Recommended Items/things

海外旅行の道中を美しく過ごす為に

私が最も美しくない時は 海外旅行の道中であり 子供と旅をする様になってから 益々悪化していて 何とかこれを改善したいと 常々思っています。 まず、旅はエレガントに行うと 強く決意をし 美しくない事項を 消去していくことにしていきました。 一つ目に美しくないのが 大荷物を余裕無く抱えて 移動する事です。 私達夫婦は大小4つのスーツケースに ベビーカー、小さな子供と 移動するのですが 一度夫の主張で電車で移動し 混んだ電車に乗った上に乗り換えまでして 心底ウンザリしました。 そこで自宅からかなり離れた空港まで 自宅まで来てくれる乗合タクシーを使ったり 空港バスの乗り場までタクシーを使うことに変え グッと楽になりました。 この結果 スーツケースの数を気にしなくて良くなったので 子供用のスーツケースを買うことが出来 自分のスーツケースに子供の物を キチキチに詰め込んでいたことから 解放され、綺麗にパッキングを する事が出来ます。 二つ目は狭い機内で 必要な物を取り...
High heels

Yukiko さんとのexchange

今月は同じAsami-Paris コンサルティングチームである Bell PassionのYukiko さんとティーチングの exchange lessonを行いました。 Yukikoさんは ほぼ毎日ブログを更新され ご自分の確固たる美の基準を持ち 美しく生きることに ストイックに向き合っていらっしゃいます。 レッスンをご一緒したのが 今回で2回になりました。 安心してレッスンを受けられる安定感 小さな癖も見逃さずご指摘してくださる正確さと Yukikoさんはハイレベルな ティーチングスキルをお持ちです。 レッスンでは 筋肉がしっかり使えた充実感が有り サラサラの汗が出て お肌がツルツルになるという 嬉しい効果も有りました。 Yukikoさん、美しいひと時を ありがとうございました。
Recommended Items/things

ロンドンで鍼灸初体験

私は近年心のメンテナンスを重点的にしており 好んで読んでいるブログも そのような事が学べるものが多いです。 そのブロガーさん達の内のお一人が ロンドンで鍼灸のクリニックを 開業していらっしゃり ロンドン滞在中に コーチングのセッションと鍼と セットでお願いしました。 私は長年原因不明の体調不良が有り どこの病院でも原因不明で これはメンタルや思考癖に 問題が有ると思っていたので 気の流れを体調と関連付ける 東洋医学が良い解決策だという考えに 辿り着きました。 ロンドン郊外にある この方のクリニックには 電車で移動でしたが遅延が有り 予約時間に間に合いそうも無く メールで車中から連絡すると 「大丈夫です。」と 直ぐにお返事を頂いたのですが その時この方のポジティブな強いエネルギーを 感じました。 その方にお会いすると とても柔らかな雰囲気で 仙人の様な 達観したオーラの有る女性でした。 先ずは四柱推命と この方のお持ちのスピリチ...
Thoughts

自分が変われば周りも変わる

昨日まで夫の帰省でイギリスにおりました。 世の奥様方の多くと同様に 私も夫の故郷、家族が苦手で 毎年帰省が憂鬱だったのですが 今回はとても楽しいものになり 自分でも驚いています。 ここ1年程心のメンテナンスの為 思考グセの改善にコーチングを受けたり ブログを読んだり 自分をもっと大切にしてきましたが それがこの旅に結果として 現れたと思っています。 まず、夫の家族が皆んな 人が変わった様に 優しく接してくれ 苦手な夫の故郷でも少し郊外に出ると 意外と楽しめる所が 色々と有りました。 今回はロンドンまで足を伸ばし 短時間でしたが 次回ゆっくり観たい所も沢山見つけました。 実のところ 「私はロンドンよりパリが好き」と 決めつけて全く目が見えてなかったのです。 心のメンテナンスをして 自分の思考を客観的に見る癖をつけ 自分を大切にする これだけで 周りが大きく変わるものなのだと 自分で気づけた事は 大きな成果であると思います。 ...
Thoughts

海外旅行の道中を美しく過ごす為に 2

前回の続きですが 更に美しさを目指して出来る事 それは荷物を減らす事も 挙げられます。 私はハンドバッグと キャリーケースを 機内に持ち込むのですが 特に貴重品を入れる手荷物は 小さい方がレディーライクで美しく 動作も美しくなります。 小振りのハンドバッグが良いと思いますが 子供がいる方なら 小さめのショルダーバッグで 手が空く様にすると 美しさと利便性のどちらも取れます。 しかし小さなバッグでは 物が充分に入らないので 必要最低限の物が入り なるべくコンパクトなサイズの バッグにするという 条件を満たす為に 財布やコスメポーチを 極限まで小さくする事が 大切になってきます。 そしてファッションは ワンピースにハイヒール 機内で座席にもたれたり 気圧の変化でお腹が張り易いことより ウエストで切り替えるツーピースより ワンピースが良いでしょう。 ハイヒールはこちらの記事で書いた通り ファッションを 底上げするアイテムですので 是非履きたいところですが フライトでは浮腫みが心配ですので 後日フ...
Recommended Items/things

ロンドンの旅

ロンドンの旅は今回で3回目です。 素人ながら効率良く快適に過ごす為に 気付いた事をシェアしていきたいと思います。 拠点にするホテルは 是非ケンジントン地区がお勧めです。 観光やショッピングに便利で 治安も良いと思います。 しかしながらハイシーズンも重なり 少し高めなのが夫は不満なので 快適さと良心的な値段を備えた こちらのPark international Hotelにしました。 観光都市のホテルで そこそこ良い条件になると 値段が高くなってしまいますが 快適さはある程度確保しておくべきだと 思います。 グロスターロード駅からすぐで 高級スーパーのWaitroseや、Sainsbury’s も 近所に有り、ちょっとした買い物にもとても便利です。 このホテルのあるCromewel Rdは 白亜のイギリスらしい 素敵なホテルが並んでいるので お好みの美しいホテルに是非行かれる事を お勧めします。 初回は高くても 一度泊まるとプロモーションのお知らせが 頂けるので 後にお得な値段で泊ま...
MakeUp

目力

 ロンドンのPortobelloというエリアに 子供にフレンドリーな イタリアンの美味しいお店があると聞き ディナーを食べに行きました。 私の息子はまだまだ お行儀よく食事することが難しく そうかと言ってあまりカジュアル過ぎて 美味しくないレストランにも行きたくなかったので 雰囲気の良いこのレストランを見つけた時は ここに行こう!と決めました。 お店に着くと雰囲気もお洒落で 地元の人も来ている 人気店のようでした。 イタリア人のご一家が経営していて 息子にもスタッフの方が常に微笑み掛けてくださり 私達夫婦もほっとしながらお食事を頂きました。 食事中に地元の方と思われる男性に 話し掛けられました。 イギリス人にはちょっと珍しい フレンドリーさが少し行き過ぎた方ではありましたが 悪い人では無さそうでしたので 軽く合わせて聞いておきました。 するとレストランのマネージャーの奥様である 30代位のマダムがさっと私に寄ってきて 「Madam,does he annoy you?] ...
Thoughts

声に大きさと深みを

彼女の声を聴いたことのない方は どんな声か想像が付くでしょうか? Asami-Parisのコンサルティングでは 声の出し方を習います。 お腹の底からはっきりと響く声を出す練習です。 日本語は口先だけを使って話せてしまい また女性は甲高い声を良しとする傾向が有るので 私は気を抜くと小さくトーンの高い声で 話してしまいます。 今回の帰省でのフライト中 クルーの方が飲食物のオーダーを 取ってくださる時 1回目は発声の意識が抜けたまま答えて 先方に聞こえなかったので それ以降はお臍より下の辺りから 夫のモノマネで太い声で答えて(笑) 丁度良い具合でした。 エンジン音のする、うるさい席でしたが 発声方法を意識して答えると 相手の方にきちんと聞こえます。 意識だけでは充分効果が出ない場合 身近な男性や宝塚スターの男性役の 声をイメージして発声する位で 丁度良い様です。 私は無意識で話をすると ついつい声のトーンが上がって話してしまうので この根深い癖にはかなり意識を入れなくては いけませ...
Recommended Items/things

イギリスのお土産

イギリスと言えば「美味しくない物」という 強烈なイメージがあるので お土産の定番である お菓子類選びには悩むところですが こちらの王室御用達高級スーパーマーケット Waitroseがそんな場合にお勧めです。 私達の滞在したGlouceter road駅辺りでは 駅の隣に有ります。 お菓子や紅茶類の種類が 他の英国内スーパーとは一味違っており 日本でも人気のPukkaのテーバッグは 圧巻の品揃えです。 お菓子もマーガリンではなく バターをたっぷり使った物が手頃な価格で買えます。 「DUCHY」という印字された物は 1992年にチャールズ皇太子が設立した オーガニック食品ブランドで こちらのWaitroseが独占販売しているそうです。 どれも日本人には甘味が強いのですが オレンジピールとチョコのクッキーが 私には良かったです。 イギリスらしい、生姜入りも有ります。 (結構パンチが効いています) もっと商品を詳しく見てみたい方は こちらのリンクでご覧ください。 こちらのWa...
Thoughts

真の引き寄せを実体験

St Pancras station in London 数年前に「引き寄せの法則」という 思考が現実になるという考えが 注目されましたが 引き寄せが思った以上に 上手くいかないという人が多く 知らない間にブームも消えてしまいました。 私も興味を持っていたのですが 同じく何も効果を得なかったので 気に留めなくなってしまった1人です。 しかしAsami先生や コンサルティングコースのYukikoさんが 「感謝のリレー」と仰って どう考えても無理な状況を パーフェクトに乗り切ったお話を聞き 正しい引き寄せの仕方というものは 有るのだと考えを変えて始めたところでした。 でもまだ、特別の人だけ使える技だと 思っていました。 今回ロンドンから電車で 英国内の自宅に帰宅する際 小さな息子と荷物が有るので 駅へ向かうのに地下鉄では無く タクシーで無駄なエネルギーを使わず 美しく向かうべきだと思い ホテルからタクシーに乗りました。 ロンドンの交通事情を よく分かっていなか...
Recommended Items/things

注目の植物の花言葉は「残酷さ」

花言葉はロマンチックな物ばかりと 思っていたらこちらの植物のは 「残酷さ」 日本ではイラクサ、英語ではnettle, フランス語ではortie (オルチ) と呼ばれ、多くの地域に分布するハーブです。 写真左の茂みに近付くと 小さな小径が有り ネトルが沢山自生しています。 私がこの植物を知ったのは パリ郊外で知り合いの方とピクニックをし 主催して下さった方の フランス人のご主人様がこのハーブティーを ご用意して下さったのがきっかけです。 このご主人様のお知り合いの方が ハーブに詳しい方で、 見た目は実年齢の半分にしか見えない程の 健康美をお持ちの方だそうです。 その方が「ハーブは其々効能が有るけれど 1つ選ぶなら断然ortie だよ。」 と仰ったそうです。 ミネラルやビタミンを多く含み アレルギーにも良いそうです。 匂いも味もそんなにクセが無く 飲み易いお茶です。 ここ数日飲み始めてから 胃腸のデトックス効果が 私には感じられます。 ...
タイトルとURLをコピーしました