本物の美意識

今、伝染病の影響で
沢山の飲食店が苦しい状況に追い込まれています。

私達夫婦が日本でのウエディングパーティーを
して以来通い続けているお気に入りの
神戸のフランス料理店でも
被害を受けたご様子でした。

マダムがインスタグラムでテイクアウトや宅配の
情報をマメに更新されているのを見て
先月初旬にテイクアウトをお願いし
下旬にはレストランで食事をしました。

こんな時こそ守りの経営に入ってしまいそうですが
いつもと変わらぬ最高の食材で
更に追加でサービスまでしてくださる「攻め」の
スタイルで接客してくださり
一流のお店の心意気を強く感じました。

困難な状況であっても
一流であることを貫き通す美意識に
感激せずにはいられません。

経営が苦しくなり
どんどん食材の質を下げて行った
フランス料理店を知っていますが
こちらのお店はそんなことを
絶対にしないという強い意志が感じられました。

お客様に最高のひと時を提供する場所
としての使命を感じていらっしゃるのだと思います。

きっと水面下で相当な努力を
なさっているのだと思います。

苦しい時こそ美しくある。
これは非常に難しい事です。
自分はそうあれるだろうか?と自問しています。

一流に触れられる
私のエネルギーチャージの場所として
これからも訪問したい素敵なレストランです。

recepe

Recette

(シェフは同じでお店のスタイルは別です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました