上半身を真っ直ぐ吊るされるように歩く

AsamiーParisメソッドで
ハイヒールウォーキングをすると
片足で立っている時間が通常の歩き方より
コンマ数秒長くなります。

それは色々な要素の為ですが
1つは軸足(片足立ちしている脚)の
母指球(親指の付け根)から脚の内側のみ
体重を乗せることに意識を入れるからです。

片足立ちをハイヒールですると
軸足の側に上半身が倒れがちです。

例えばハイヒールを履いた左脚で片足立ちすると
足裏の設置面積がスニーカーより少ないので
きちんと脚の内側に
体重を乗せることができない場合は
軸足側に倒れるのです。

前から見ても分かりにくいのですが
後から見ると良く分かります。

こちらは私の受けたレッスンの1部です。
軸足の右側にほんの少し
上半身が倒れているのが
分かりますでしょうか?

右の腹筋が縮んでいて
上半身も少し左肩が前に出ているのが
見えなくても腕の位置から分かります。

骨盤から上の上半身は真っ直ぐ前を向いて
上から紐で吊るされたように
真っ直ぐ正面を向いて固定した状態であり
脚だけを動くように美しく歩くのが
Asami-Parisメソッドの特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました