アイブロウワンポイント講座

私がメイクスクールに通ったのは
アイブロウが上手く描けなかったことが
きっかけです。

アイブロウというのはメイクで
かなり印象を大きくするパーツで
あると思います。

まず簡単に上手く描ける
ゴールデンプロポーションを
ご説明したいと思います。

①眉頭
小鼻の膨らみから真っ直ぐに上がった
ところから始まります。
ガイドラインの内側に入ると
きつく見え
外側過ぎると緩んで見えます。

②眉山
瞳の外側のラインから真っ直ぐに
上がったところです。

左右の眉山の間が顔の
正面になりますので
眉山が外過ぎると顔が大きく見えます。
写真のモデルの方は基本ラインより
外側に眉山を描いています。
(多少外側は構いません)

③眉尻
小鼻と目尻を結んだライン上に有ります。
眉頭の下と同じ高さに揃えると
眉尻が下がり過ぎずに描け
横顔も綺麗に見えます。

そして眉毛の長さも適度に
トリミングをしましょう。
長すぎると
パウダーやペンシルの色が乗りません。

ただし、元々しっかりとした毛の方は
眉毛の形を整えた後、
形からはみ出した毛をカットし
アイブロウマスカラで毛流れを
整えても綺麗です。

素のままではアイブロウが薄い方は
短めに毛を整えてから
パウダー、アイブロウペンシル
仕上げにアイブロウマスカラを使うと
綺麗です。

私がお勧めするのは
アイブロウパウダーを筆に取って全体を描き
眉山から眉尻にかけて薄いところを
長刀削りをしたアイブロウペンシルで
1本1本描き足す方法です。

右から2本目、3本目の細い筆先の
アイブロウブラシは小回りが利き
描きやすいのですが

左から2つ目の毛先の太い筆が
フワッと自然に、且つしっかりと
色が乗るのでお勧めです。

アディクションアイブロウブラシ

私のオンラインレッスンでは
お客様のお写真をいただいて
アイブロウをどのように描くと良いか
冒頭の写真のように朱書きでご提案を
させていただき

さらにお手持ちのお化粧品や道具も
拝見し

なりたいイメージやお悩み等も御聞きして

コスメや道具の購入の選定も含めて
カウンセリングをしっかりした上で
オンラインレッスンを行っております。
(※お申込みからレッスンまでは
カウンセリング期間、お客様の道具購入の期間が
要りますので1カ月程前もってお申込みくださいませ)

カウンセリングでは
カラー診断も取り入れ(簡易版)
似合う色のコスメ選びもしていますので
お肌映りが良くなるようにすることも
考慮しています。

メイクが苦手な方、基本を知りたい方に
特にお勧めしております。

サービスがご入用の方は
お問い合わせからご連絡をくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました