2020-04

High heels

家の中でハイヒール

外出をしなくなった所為で ハイヒールを履くことが無くなってしまうと 緊張感が一気に消えてしまい その対策として家でハイヒールを履く事にしました。 我が家は集合住宅で 薄くてクッションの有るフローリングの為 ハイヒールで歩くと 床に穴が開いてしまいます。 そこで普段、事務作業や勉強をする テーブルとその周囲だけ マットを敷いてみました。 以前、Asami先生から 「キッチンでだけでも ハイヒールを履いてみたらどうですか?」 とご提案いただき、行っていたのですが 1ケ月程で止めてしまった過去が有り キッチン以外で復活させたいと思っていました。 マットの上ではほぼ椅子に座っているだけで あまり歩きませんが 履いているだけでも緊張感が違います。 これを行うまでは素足で数週間いましたが その間に靴を履かないことで 足が大きくなってしまい ハイヒールがきつくなっていることに 驚きました。 以前から自宅のフローリングをハイヒールでも 歩けるようにしたいと思い リフォーム会社に相談してみましたが 美しく丈夫なオーク材のフローリングは 集合住宅での使用が認められないそうです。 マンシ...
Thoughts

子供の食事

我が家の3歳の息子は食事に興味が無く 保育所ではきちんと自分で所定の時間内に 食べるのですが 自宅では何度も催促しないと食べないのが 悩みです。 私の料理の腕が悪いのかと思い イタリアンやフレンチの一流シェフに 作っていただいた食事を息子に用意しても 全く興味を示しません。 この話をフランス人の元小学校の先生に してみたところ 「食事=楽しい」ということを まず息子に十分理解させないといけないと アドバイスを頂きました。 家で食べないで保育所で食べるのは 単なる怠け心でなく 集団でいるので 皆と同じようにしないといけないという 心理が働いて食べているようです。 息子が楽しんで食事をしてくれるようにするには どうしたら良いのか考えてみました。 私は子供用の図柄があまり好きではない為 そのような図柄の食器はほとんど用意せず 私が使う大人用の食器を 息子に使っていたことが頭にまず浮かび 息子が今夢中である 恐竜の図柄のついた食器を1式買いました。 息子は朝食と夕食を いつも急かされて食べ 私の子供用食器を使わないという方針で ビジュアル的に楽しんで 食べるということも無...
Thoughts

呼吸

今朝、Asami-Parisのビデオで ストレッチとエクササイズを行った際 ふと目に入った お香を焚きながら行ってみました。 私は外のお天気が良くても シャキッと目覚めることが出来ないので 白檀と甘い香りが深い 京都、松栄堂の堀川は そんな状態に最適でした。 好きな香りとエクササイズをするのは 非常に効果的で、特にストレッチ中は 繭の中にいるような 不思議な充実感と心地良さで 一杯になりました。 好きな香りは深く呼吸をすることを促し 身体や頭の中を良い状態にしてくれるように感じます。 昨日、とてもエネルギーの高く美しい女性に アドバイスをいただいたのですが 何か迷った時、答えが直ぐに出ない時は Aの時、Bの時と それぞれを持った時(考えた時)をイメージしたり 実際に手に取ったりして 身体の反応、特に呼吸がどう変化するか 確認されるとのことでした。 自分に相応しい物は身体が知っているとの考えに 大いに納得しました。 ああでもない、こうでもないと 長時間頭で考えて 失敗することが多々有るからです。 呼吸を深くするとは 心身の健康と感覚を研ぎ澄ますことに 役立ち ま...
Thoughts

見えない物の取り扱い

見えない物が見える方のことをお話したいと思います。 去年のことですが、見えないはずの物が見える方に 私の仕事運を見てもらいました。 彼女の本職のサービスを受けたクライアント用の 無料サービスでした。 その方は良心的な方であり 「私の言うことを全部鵜呑みにしないでね。」 と念押しをしてくださっていました。 その方は私が何も言わずして 私の家庭環境をびっくりするほど言い当て 「本物」であると確信したのですが 「あなたはAさんと組んで仕事をすると大成功する。」 と仰ったのです。 そのAは私が苦手とする相手であり 私はAと差し障りのない話はするのですが 彼女は闇の有る人物で、 私から深い内容の話はしないようにしていました。 でもこの見える方がそのAをお勧めするのなら Aと仲良くしても良いかと 少し考えていたのです。 確かにAは頭脳明晰な人物です。 しかし最近、このコロナの混乱を利用して 「あなたの為を思って。」と とある提案を私にしてきました。 私はAの言う通りよね。と思っていると 共通の知り合いBから電話が掛かってきました。 「Aがあなたに○○しなさいって連絡したでしょ? 聞いてはダメよ、...
High heels

時間に追い立てられない

Asami-Parisのストレッチとエクササイズの為のビデオは Asami-Parisウォーキングメソッドの基本で有り 恩恵を受けた人々はこちらを継続しています。 正直なところこれらのエクササイズを 通勤前に早めに起きて遅刻しないように 時間を気にしながらしていたのですが 今、自宅に籠っており 通勤時間が節約されるので 時計を気にしながらすることが無くなると 恥ずかしながら今更ですが 数日間、時計を無視して続けてみて ストレッチとエクササイズの良さを 今までとは比べられない程 身体の隅々まで感じることができました。 「時間に余裕が無いけれど○○しよう」という 焦る気持ちがストレッチとエクササイズの 効果的を引き出すことを 阻止していたのだと思います。 どんなに忙しい境遇であっても きちんとこなす方もいらっしゃいますが 私の様に器用でない人間は 慌てて物事を取り組むことを避け じっくりと行わなければならないと感じました。 ビデオの最初に出てくるストレッチでは 背中を床につけて数分リラックスをするのですが そのたった数分が自分の時間の感覚では もの凄く長い時間に感じられ ...
Thoughts

子供との接し方

小さな子供が何度注意してもそれを聞かない時というのは 怒りを露わにしても仕方がないと分かっていますが 何度も同じことをされればイラっとしてしまいます。 そんな時にハイヒールを履く美しい友人は 絶対に怒りや苛立ちを露わさず 屈んで子供の目線まで合わせ、子供の手を握り 微笑みを浮かべて「△△だから○○しようね。」 と優しく諭します。 彼女は更に 「自宅で子供達に○○を触らないでと 言わないようにしているの。 だから触られて困るものは子供の手の届かないところに 徹底して置くようにしています。」と仰っていました。 不必要に怒らないように徹底している彼女の美意識の高さ 子供を一人の人間として敬意を持って接している態度に 思わず感嘆せずにいられませんでした。 物事の善悪がまだ良くわからない子供への 怒りを伴った指示や躾というのは 美しく無いだけでなく 子供に自尊心を傷つけられたと思わせ また何故注意されたかということを理解させず 反って逆効果となってしまいます。 そして大人になるにつれて それが心のしこりとなり、後々にネガティブな 思考癖を残すことも考えられます。 子供というのは...
Thoughts

光になる

「光になる」 この言葉をAsami先生との会話や Team Asami-ParisのHiromiさんのブログ そして最近読んだ本と立て続けに触れる機会が有り 何か私へのメッセージの様に感じました。 「光になる」とは偉大な行為のように感じ Asami先生やHiromiさんの様に 内面も外面も美しく強い方に 相応しい言葉なのですが ごく一般人の私には不釣り合いな言葉であると 思いました。 そして長い間私なりに考えてみて 「光」とは 「誰かの為に成る愛の有る情報」という 意味ではないであろうかと思いました。 ごく一般人であり、偉業を成し遂げていない私が 放てる光とは何だろうか。 良かれと思ったブログや話を紹介するのではなく 何か自分で考えて消化したこと 何か改善しようとした中での気付き 失敗も含め途中経過を飾らずにブログに書くことが 良いと思いました。 これは今日より明日を1ミリでも良くしたいという 自分の日々の試みや気付きを記録する為に そしてもしかして私と同じような人がいらっしゃれば たったお一人であってもお役に立てる様に 本日以降は違った視点からブログを書いていこうと思います。 どう...
Thoughts

日本人の美徳

幼く見えるのを良しとしたりする ある分野の日本人女性の美意識というのが 世界基準の女性美というのと大きく違っていると思います。 しかし、日本人女性にも世界基準でハイレベルなところが有ります。 それは目標を設定すると 難易度が高くても必死で達成するところです。 これはミスユニバースジャパンの元日本チームの ディレクターであったイネス・リグロンさんも 「日本人女性の、”頑張ります”は素晴らしい。」 と何かのインタビューで仰っていました。 きっと彼女のアドバイスを必死になって 自分に取り込もうと努力していた日本人女性達を 見てそう感じたのだと思います。 この日本人の努力の話題は同じハイヒール講師である Saint-AurelieのSeikoさんと最後にお会いした時にも 出てきました。 私と違って海外生活の長かった彼女は 必死に努力して掲げた目標に向かって ひたむきに行くという概念が日本人の方が強い気がする という趣旨のことを話されました。 忍耐を必要とされても掲げた目標に向かって努力していくのは 日本人女性ならではの良い習慣ではないでしょうか? この美徳を持ち、いかなる状況でも 美しく生き...
タイトルとURLをコピーしました