美学を軸にして生きると何が変わるのか

ハイヒールレッスンを受講してから
美しく歩くという事だけでなく

クリスチャン・ルブタンの美しい靴と
共に美しく歩く事と
それに相応しい美的センスを持って
生活することを自然と求めるようになってきます。

ただ美しく歩く事ができたら終わりという訳でなく
美はどこまでも私に関わること全てに
広がっているのだと認識し始めます。

例えば私の住居、口にするものも
私の真の美しさを求めると当然に
一つ一つに
美しいか、心地よいか、良いエネルギーがあるかと
拘りを持つようになりました。

私の普段の生活は
まだまだ時間に余裕が無く
仕事が終わると急いで帰宅し
幼い息子の世話をするので
夕食が簡単に作れるものになりがちです。

少し前にベストセラーとなった
フランス人は10着しか服を持たない
(フランス人にそんなことないよ!と反論されていますが・笑)
に登場する「マダムシック」が

家をシックに整えているだけでなく
夕食はデザートまでフルコースを作り
家族で団欒する様子を
とても美しいと思いましたので

私もせめて手作りのデザートを出して
食事の時間をもっと楽しめるようにし始めました。

今は週末に
材料を厳選して
3つのフレーバーのアイスクリームを作っており
毎日夕食後に家族で食べながら
少しのんびりと寛ぐのが楽しみです。

今後は少しずつ
住居や食事にも、もっと拘りを持ち
より美しい日常生活を
送っていける様にしていこうと
一層強く思うようになってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました