2019-09

Thoughts

信じる力

写真:msnニュースより 昨日は地元神戸のメリケンパークで 家族でラグビーワールドカップの パブリックビューイングをしてきました。 世界ランキング2位の強豪チームアイルランドと まだまだ成長中の日本との対戦です。 ラグビーに詳しい夫によると 日本チームには申し訳ないけれど アイルランドが勝つだろうねとのコメントでした。 始まってしばらくはやはりアイルランドが優位の様に 素人の私からも感じましたが 途中から私はAsami先生とのレッスンの為 自宅に帰り、その間に試合は終了していました。 レッスン後に夫から 「日本チームには良い結果になったよ。」 とメッセージが有り 「もしかして勝ったの?」 と返信すると同時にネットニュースを見ると 「日本勝利!」との見出しで驚きました。 そして同時に日本代表選手達のコメントが さっと目に飛び込んできました。 「僕達はアイルランドチームに 勝つことを信じて練習してきました。」 イメージトレーニングの大切さを 思い知らされた言葉でした。 相手が強豪チームであり 自分達のランキングとかけ離れていても 勝つイメージをしっかりしながら 練...
MakeUp

リップラインはしっかりと

(上)リップラインが曖昧な写真 (上)同じ方のコマーシャル用に撮られた写真 リップラインがはっきりしているだけで より美しく見えます。 ある非の打ち所の無い美しさの ヨーロッパの 有名女優さんのInstagramを見ていて もっと綺麗に見えてもいいのに 何故か彼女の美しさが表れ切っていない 気がしました。 美しい顔立ち、スタイル抜群の体型 服飾品も一流の物を付けていらっしゃいます。 何日か見続けてその謎がやっと解けました。 曖昧なリップラインと かさつき気味な唇がその原因でした。 一方、彼女と同じ年代の ダンサーのアメリカ人女性がいます。 その女性は2時間に1回リップメイクを塗り直す女性で ビジネス用の写真もパパラッチされた写真でも 彼女のリップはいつもパーフェクトで それが彼女をいつもきっちり美しく引き立てています。 この2人の女性達は対照的で ヨーロッパ人の女優さんは ナチュラルで日焼け肌、そしてベージュのリップを好み アメリカ人のダンサーの方は 作りこんだ感じで、美白派、そして真っ赤なリップを好みます。 両極端な2人ですが それぞれのリップも実はリップラインを 肌の境界線と...
Information

新たなる出発

本日からこちらのブログに 移転することになりました。 前のブログを書き始めた時と現在では 私は大きく変わったので 新しい私には新しい住居が必要になったのです。 まだ作りかけのところも有りますが 秋分の本日を移転日として選びました。 こちらのブログはHermitage Hiromiさんの 御厚意で作成していただきました。 彼女と初めてskypeで打ち合わせをした時に 驚いたのですが 美しいお顔立ちだけでなく クリスタルの様な美しい声の持ち主です。 ITに全く疎い私の好みを聞き出す為に とても上手に 美しい笑顔と声で説明しながら 素早く私がYes,Noを言えるように導いてくださり あっという間にヒアリングを終了されました。 なんと知的でエレガントな方なのだろうと 圧倒されてしまいました。 また、私らしいホームページを作る為にと 私の過去ブログの記事を全部読み 私という人物像を しっかりと把握してイメージを作ってから デザインをしてくださるプロ意識の高さに 驚きました。 彼女は何事にも全力投球の方ですので ハイヒールコーチとしても 素晴らしい仕事をなさることだと思います。 将来は個人Web...
Recommended Items/things

イギリスのお土産

イギリスと言えば「美味しくない物」という 強烈なイメージがあるので お土産の定番である お菓子類選びには悩むところですが こちらの王室御用達高級スーパーマーケット Waitroseがそんな場合にお勧めです。 私達の滞在したGlouceter road駅辺りでは 駅の隣に有ります。 お菓子や紅茶類の種類が 他の英国内スーパーとは一味違っており 日本でも人気のPukkaのテーバッグは 圧巻の品揃えです。 お菓子もマーガリンではなく バターをたっぷり使った物が手頃な価格で買えます。 「DUCHY」という印字された物は 1992年にチャールズ皇太子が設立した オーガニック食品ブランドで こちらのWaitroseが独占販売しているそうです。 どれも日本人には甘味が強いのですが オレンジピールとチョコのクッキーが 私には良かったです。 イギリスらしい、生姜入りも有ります。 (結構パンチが効いています) もっと商品を詳しく見てみたい方は こちらのリンクでご覧ください。 こちらのWa...
Thoughts

真の引き寄せを実体験

St Pancras station in London 数年前に「引き寄せの法則」という 思考が現実になるという考えが 注目されましたが 引き寄せが思った以上に 上手くいかないという人が多く 知らない間にブームも消えてしまいました。 私も興味を持っていたのですが 同じく何も効果を得なかったので 気に留めなくなってしまった1人です。 しかしAsami先生や コンサルティングコースのYukikoさんが 「感謝のリレー」と仰って どう考えても無理な状況を パーフェクトに乗り切ったお話を聞き 正しい引き寄せの仕方というものは 有るのだと考えを変えて始めたところでした。 でもまだ、特別の人だけ使える技だと 思っていました。 今回ロンドンから電車で 英国内の自宅に帰宅する際 小さな息子と荷物が有るので 駅へ向かうのに地下鉄では無く タクシーで無駄なエネルギーを使わず 美しく向かうべきだと思い ホテルからタクシーに乗りました。 ロンドンの交通事情を よく分かっていなか...
Recommended Items/things

注目の植物の花言葉は「残酷さ」

花言葉はロマンチックな物ばかりと 思っていたらこちらの植物のは 「残酷さ」 日本ではイラクサ、英語ではnettle, フランス語ではortie (オルチ) と呼ばれ、多くの地域に分布するハーブです。 写真左の茂みに近付くと 小さな小径が有り ネトルが沢山自生しています。 私がこの植物を知ったのは パリ郊外で知り合いの方とピクニックをし 主催して下さった方の フランス人のご主人様がこのハーブティーを ご用意して下さったのがきっかけです。 このご主人様のお知り合いの方が ハーブに詳しい方で、 見た目は実年齢の半分にしか見えない程の 健康美をお持ちの方だそうです。 その方が「ハーブは其々効能が有るけれど 1つ選ぶなら断然ortie だよ。」 と仰ったそうです。 ミネラルやビタミンを多く含み アレルギーにも良いそうです。 匂いも味もそんなにクセが無く 飲み易いお茶です。 ここ数日飲み始めてから 胃腸のデトックス効果が 私には感じられます。 ...
Recommended Items/things

日本のガイドブックに載らないイギリス観光地1

私達夫婦のイギリスの自宅は イギリス中部に有り 日本のガイドブックに載るような 有名観光スポットは1つしか思いつきませんが そんなマイナー処での 観光スポットをご紹介します。 今回はMercia Marinaです。 マリーナというと海を想像してしまいますが こちらは湖の様な所です。 ボートを停泊させていて、そして湖の周りに クラブハウスのような建物がいくつか有り 軽くショッピングをしたり オープンカフェで陽を浴びながら ゆっくりお茶をしたりして過ごします。 ここにはとても美味しいインド料理のレストランが有り 今まで色々な場所で食べたカレーの中で ダントツに美味しいです。 モダンなオープンキッチンのレストランで シェフ達のカレーの調理が目の前で実演されます。 Lotus Indian Kitchen 湖には鴨や白鳥が泳いでいて かなりアグレッシブに餌をおねだりに来ます。 噛まれたりしませんが 人間の手から直に食べようとかなり接近し...
Thoughts

美のスイッチが入る瞬間

  私の美のスイッチが入る瞬間 それは日常生活の中で 「美しくない」と感じる時 例えば引き出しを開けた時に ビシッと物が整って入っていない等 昔だったら 無意識にその感情に蓋をしていたのが 今は秒速ではっきりと 「美しくない」と脳に訴えかけてきます。 そうなると美のスイッチが入り 整えたいという欲求が強く表れ 即座に取り組むか 時間が無い時は数日内にするリストに載ります。 ☆ もう一つ美のスイッチが入る瞬間 それは女性がドラマチックに美しくなる過程を 見たり聞いたりする時 身近な例では メイクやハイヒールウォーキング そしてそれらを通して何か内側に変化が起こり その方々のエネルギーが満ちて オーラが変わったのを感じる時です。 美しく存在するということは 自分だけでなく 他人の美のスイッチを入れることができます。 ですから私は美しい人、美しくなろうとする人に 無意識に惹かれてしまうのだと思います。 そしてそのポジティブなエネルギーを...
High heels

クライアント様からのご感想

クライアント様から御感想を頂きましたので 一部ご紹介します。 ☆ 久美先生のレッスンを受講したいと思った キッカケは夫とのデートでした。 子どもが生まれて以来 2人で出かけることがほぼなく でも今年に入って2人の時間を持とうと 10年以上ぶり?に 一緒に夕食に出かけました。 普段はフラットなシューズと パンツばかりなのに ヒールとスカートを履いて出かけてみたら… 痛すぎて、普通にすら歩けない(苦笑) そんな時に出会ったのが久美先生でした。 モデルのように颯爽と 高いヒールで現れた先生に一目惚れ♥ お化粧もすごく素敵にされていたので その場で受講のお願いをしました。 レッスンは自宅で スカイプを通して行っていただいています。 メイクはスカイプの画面だからこそできる 至近距離で細かいところまで 見せていただけること (きっと実際だったら、 近すぎてドキドキしてしまう…) が最大の利点と思います。 ...
タイトルとURLをコピーしました