身軽に生きる為に

また私の苦手なパッキングをする機会が
やって来ました。
明日から夫のイギリスの自宅に帰省をします。
予めエクセルで作ってある
定番の持ち物リストに
必要な物を追加して詰め込むのですが
それでも30分で終わった事が有りません。
今回はロンドンまで遊びに行くので
電車のプリペイドカードを探していたら
暫く出て来ませんでした。
カードは専用のケースに
まとめて入れているのですが
そこに入れていなかったのです。
決めた場所に戻さなかった
自分の甘さを恨みました。
探し物をしていて思い知らされたのが
物が多過ぎて
探すのに時間が掛かるということです。
後でパソコンに入力しようと
貯めたメモが引き出しに
ある程度溜まっているのも気になりました。
「後で」がいつなのか
明確にしておく必要が有ります。
帰国したら徹底的に
捨てれる物や後回しにしているものを
片付けようと決意しました。
夏のパッキングでは
服がコンパクトにスーツケースに
収まるのが救いです。
パッキングがほぼ終了した時に
何となく気になったのが
現地の気温です。
夫の地域は初夏でも雹が降ってくる等
時々想像もつかない天候になる為
ヨーロッパが猛暑とは言え
念の為
「あちらの気温はどう?」と聞くと
「13℃」との回答が有り
絶句してしまいました。
せっかくパッキング完了間近でしたが
後でコートを投入です。
身軽に生きるとは
物を減らし物事がスムーズに出来るようにし
思わぬことが起きても対処できる
余裕を持つ事で有ると思いました。
※8/9〜8/19までお休みを頂きますので
お問い合わせのお返事が遅くなります事を
ご了承くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました