真紅のルージュ

suqquというコスメブランドが立ち上がった時
ブランドの一押しメイクアップアイテムが載った
リーフレットを戴きました。

真紅のルージュに特に記事を割いており
そこには

若い人では無く、
敢えて歳を重ねた女性にこそ使って欲しい

年配の女性の真紅のルージュは美しい

そんなメッセージが書かれていました。

でも塗るからには決意が必要で
簡単に塗りこなせないとも書かれていて
当時20代の私は、遠い先に手に取るのだろう
と思っていました。

真紅のルージュが似合う人と言えば
師匠のAsami先生と
Asami-Parisチームのメンバーの皆さんですが
有名人であればダンサーのディタ フォン ティースです。

クリスチャン ルブタンの親しい友人で
公式では無いものの彼のブランドのミューズは
彼女なのだろうと思っています。

グラマラスでクラシックな彼女の
独特な世界観に興味が惹かれます。

彼女のインタビューで
真紅のルージュについてのものが
有りました。

使用するメーカーは
MACやイヴサンローランなど色々ですが
口元の美しさをキープする為に
2時間に1回は塗り直しをし
その方法は全部リップメイクをクレンジングし
歯ブラシをしてから塗り直す徹底ぶりでした。

やはり美しい真紅のルージュは
簡単に塗りこなせないものですが

メンテナンスをマメに行い
歳を重ねた人にこそ似合うこのルージュを
美しく使っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました