メール課題を通して変わったこと

Asami-Parisのコンサルティングコースでは
毎週メール課題が出ます。


実際にAsami先生が
ハイヒールウォーキングのレッスンに
興味を持った方から受け取った質問メールや、
先生が考えた質問メールが元になり、
受講生達が将来サロンをオープンした時に、
御質問メールに的確にお答えできるようにする
トレーニングです。


このトレーニングが始まったばかりの頃は、
どう答えたら良いのか分からず、散々な内容でした。
書くことが思いつかず、あまりにも短い説明で、
Asami先生も苦笑いされるような状態でした。




1年以上ハイヒールレッスンを取っていて、
その特徴を十分に分かっていたつもりでも、
言葉にして他者にお伝えするというのは
できなかったのです。


私だけかもしれませんが、
説明を必死に聞いていても、
どうしても記憶にとどまらず、
抜けてしまう情報があります。


また、感覚的に分かった、
言葉にならない理解の仕方をする時もあります。


自分でその説明を聞いたことを
行うことはできるのですが、
他者へ説明してくださいと言われると、
できないのです。


毎週コンサルティングレッスンを取って、
既に習ったハイヒールウォーキングの理論を
確認していくと、理論がしっかりと入り、
徐々に質問メールの回答が改善されてきました。



この他者への説明をするトレーニングというのは、
御質問くださった方にご納得のいただく
回答ができるようになるだけではなく、
自分自身へハイヒールウォーキングの理論を
しっかりと叩き込むことができます。




分かったつもりでいたことが、そうではなかったと分かり、
そしてAsami-Parisのメソッドを理より一層理解できたことで、
私自身の歩き方が改善されてきたと思います。


そして自信を持って、ハイヒールウォーキングを
皆様へお勧めできるようになりました。








                   



コメント

タイトルとURLをコピーしました