2018-02

Thoughts

私の信じる愛とは

愛とは、十分に愛で満たされた人にしか 発することができないのではないかと 思います。 特に自分自身をきちんと愛している人こそ 愛する力があるのではと思います。 私の信じる愛とは、自分自身を十分に 愛している人から生まれるものでは ないかと考えます。 先日、ふとした偶然で、 渡辺和子さんとおっしゃる シスターの記事を読みました。 渡辺さんは幼い頃、 歴史の教科書で良く知られた 軍のクーデター、2.26事件で 目の前でお父様を殺害されるという 凄惨な経験をされました。 その後、シスターになられ、 あるTV番組の収録に内容を 良く知らされないまま呼ばれました。 収録が始まると、そこには 2.26事件でお父様を殺害した 青年将校達の遺族がおり、 彼らの前で、渡辺さんは 「お父様を殺した 人達を恨んでいますか?」 と質問をされました。 普通の人なら動揺し過ぎて まともにその場に居られない 状況だと思います。 その時に、渡辺さんは 「いいえ、あの方たちには あの方たちの信念がおありに なったのでしょう。 命令でお動きになった方達を、 お恨みしておりません。」 と綺麗な言葉でお答えに...
Recommended Items/things

JUNKO NAKANO先生のメイクレッスン

先月、ASAMI先生をはじめ、 コンサルティングチームから絶大な支持を集める JUNKO先生のセルフマッサージと メイクのプライベートレッスンを 受けてきました。 JUNKO先生とASAMI先生は それぞれ哲学を持っていらっしゃるという点で 似ているとお聞きしていました。 徹底的に無駄を省いて 美しさを創るという点で 似ていらっしゃると思いました。 今までプロのメイクを受けてきた中で一番違うのが、 上記に書いた通り、無駄が無いということです。 今まで要るのが当たり前だったアイテムも カットされています。 また、JUNKO先生はメイク用品を塗るだけで 創る美ではなく内から出る美、 つまり健康美も大切に考えておられ こちらも今まで会ったメイクアップアーティストの方々とは 違う点です。 メイクの前に、セルフマッサージを習いました。 顔の歪みを確認した時、ハイヒールウォーキングの 時に分かる体の歪みと関連しているという発見がありました。 ご興味がおありの方は、セルフマッサージと メイクの両方を受講されること...
Thoughts

プロフェッショナルとして人前に立つ

プロフェッショナルとして人前に立つには まず、第一にクライアントが支払った金額以上の 物やサービスを提供するということが重要です。 そして第二にその分野に対する情熱が必要です。 ASAMI先生をはじめ、私が繰り返し 利用させていただくサービスの提供者の方々は いつもクライアントからの報酬金額以上の 価値の有るサービスの提供を 常に考えておられると思います。 今、買い手の二極化が著しく進み、 安ければ安いほど良いという買い手と、 クオリティーが高ければ高い程良いという 買い手に分かれます。 (良いものであれば、高くても頑張って支払っても 良いという方もこの後者に含まれます。) プロフェッショナルになると 後者は、より緊張を強いる存在になります。 彼らは常に良いものを探しているので、 プロフェッショナルが提供するサービスが、 支払った金額以上の価値を感じられなければ、 「これだったら、あと少し、支払金額を足して もっと良いサービスを買いたい。」 と、去ってしまう可能性があります。 たとえ、クライアン...
High heels

ハイヒールを初めから履けないと決めつけている方へ

私は今、よく歩く日は、 スニーカー代わりに9cmのピンヒールを 常用しています。 しかし、Asami-Parisの門をたたくまでは、 高くても6cmのヒールパンプスか、 フラットシューズを履いていました。 今、こうして比べてみると、 大きな変化だと思います。 昔、ハイヒールを今のように履かなかった理由は いくつかあります。 1. 周りから体に悪い、怪我をすると忠告される 2. つま先や足の小指が浮腫んで痛くなる 3. 靴擦れをする 4. ふらついて歩き方が美しくない 5. すでに背が高いので、背を高く見せる必要が無い 今は、Asami-Parisでハイヒールウォーキングのメリットを 十分に習得したので、上記の理由もなくなり、 何の迷いもなくハイヒールを履き続けています。 そして、私は高齢になっても、 ハイヒールで歩き続ける自信が有りますし、 高齢であっても女性性を意識するために ハイヒールを履き続けるつもりです。 一方、先日、母が股関節が痛いと言い出したのがきっかけで 高齢の女性...
Thoughts

O脚の意外な原因の1つ

先日、同じコンサルティングレッスンを受講されている、 Saint-AurelieのSeikoさんご一家とお会いしました。 Seikoさんご夫妻とお会いすると、 いつもファッションや、健康関連の 興味深いお話をしてくださるので、 毎回お会いするのが楽しみです。 私が以前、O脚の事を ブログに書いていたのを覚えてくださっていて、 Seikoさんの旦那様が O脚に効くマッサージを伝授してくださいました。 脚の内側と、膝の内側から膝上15センチ程の辺りの 骨の内側を親指の爪で弾くようにマッサージをします。 私の脚の筋肉が凝りすぎているのか、 押すと痛みがあります。 マッサージが終わって立ち上がると、 不思議なことに、脚のラインが、 以前より真っ直ぐに変わっていました。 縮んでいた脚の内側の筋肉が伸びて、 脚のラインのが真っ直ぐになった感じです。 やはり体というのは古くからの状態を記憶しているので、 1回限りでは真っ直ぐの状態をキープできませんが、 続ける...
Thoughts

メール課題を通して変わったこと

Asami-Parisのコンサルティングコースでは 毎週メール課題が出ます。 実際にAsami先生が ハイヒールウォーキングのレッスンに 興味を持った方から受け取った質問メールや、 先生が考えた質問メールが元になり、 受講生達が将来サロンをオープンした時に、 御質問メールに的確にお答えできるようにする トレーニングです。 このトレーニングが始まったばかりの頃は、 どう答えたら良いのか分からず、散々な内容でした。 書くことが思いつかず、あまりにも短い説明で、 Asami先生も苦笑いされるような状態でした。 1年以上ハイヒールレッスンを取っていて、 その特徴を十分に分かっていたつもりでも、 言葉にして他者にお伝えするというのは できなかったのです。 私だけかもしれませんが、 説明を必死に聞いていても、 どうしても記憶にとどまらず、 抜けてしまう情報があります。 また、感覚的に分かった、 言葉にならない理解の仕方をする時もあります。 自分でその説明を聞いたことを 行うことはできるのですが、 他者へ説明してくださいと言われると、 できないのです。 毎週コンサルティングレ...
タイトルとURLをコピーしました